<< 夢が夢なら1 | main | 潔癖症はつらいわよ。 >>

スポンサーサイト

  • 2014.11.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


夢が夢なら2

090601_1508~0001.jpg
遅くなりましたが、河馬壱総括の続きです。


話は楽日の事。
芝居が終わり、バラしと片付けを終え、やれやれと劇場のロビーで差し入れられた酒やつまみをほうばりつつ、夕方から夜にかけてワイワイとみんなで過ごした。

ここいら辺で、本番からの解放感や芝居をやりきった感や、後、酔ったのも手伝って、僕のチョーシコキメーターは目盛りを振り切り、休日の中目黒に完全に増長して浮かれたバカが誕生した。

バカは腹が減ったので、他所でラーメンを食ってから、後の打ち上げ飲み会に合流した。
バカは腹にアルコールと食物が丁度良く満ちたので、トロ〜ンといい心地。しばらく色んな人と話して渡り歩く。河馬壱の飲み会は、様々な年代の人が来るから面白い。
今回は、小櫃川さんの奥さんが打ち上げに来られてたので、軽く話す。気立てのいい感じの方で、二人ともホントにお似合いの夫婦で、ああ、結婚て素晴らしいもんなんじゃねーかなー、と。しみじみと。…何様なんだ、俺は。


そんなこんなで浮かれまくってたら、脇からフックをもらって、僕のお祭り気分は一瞬で沈んだのだった。

トシさん(熊役の人)とタケシさん(探偵役の人)に捕まり、「今回のオメーの芝居はなんなんだよ」と。

本番中にも散々「前に走り過ぎだ」「引け」と、注意を受けたのだが、ことごとく無視していたからだ。
お二方の言い分やアドバイスは充分に正しいとは分かっていたのだが、どーしても自分で組み立てたテンションの流れを崩したくなくて、突っ走り過ぎたのだった。

そこに同席してた小屋主の森脇さん(彼女も熱烈な河馬壱フリークなのである)や三沼さん、作演の中川さんも加わって私に対する大ダメだし大会が繰り広げられる。僕も何とか、屁理屈をこねて応戦しようとするも全く効かず、あえなくサンドバック状態。早々にマットに組み伏せられ、タコ殴りとなってしまったのだった。
僕より30年以上も芝居と文化系に浸って生きてきた先達のパンチは何よりも重かった。


うう、こんなに打たれたのは随分久しぶりだ。しかし、気分は妙に清々しい。こうゆう文系の話題でボコスカにやられるのは、素直にありがたいのである。自分の未熟さが分かるから。後、一杯新しい事が知れるから。ああ、俺、全然勉強が足りてねーって思えるから。
仕事やスポーツでこんなんやられたら、怒って帰るとこだけど、アリなんだよ、こうゆう場では。
いい経験でした。ありあとやしたーっ!


しかしねえ、あのトシさんとタケシさんがだよ?普段、稽古場とかではニョホホ〜ンと、のらりくらりとしてるおっさん二人が、マジな顔して演劇について語ってる。
もっと言うと、齢40、50の人達が、深夜二時回ってる中、アツく表現について議論してんだ。表現に携わる者にとってこれほどアツく胸を打つ光景があるだろうか。
結局深夜三時に閉店で店から追い出されるまで議論は続いた。もうね、その姿勢に脱帽!僕ぁ、学生時代ですら、こうゆう事はあんまりやってなかったよ。こうやってこの人達は25年以上も時を積み重ねてきたのだなあー。

いやはや、河馬壱の人達の27年突っ走り続けるエネルギーの素を見た気がした。不思議な夜だった。



で、居酒屋を出た後、泊まるとこに困った僕と中川さんを、トシさん平岩さん夫婦が泊めてくれたのでした。う〜む、これまた貴重な体験。あの時はありがとうございました。

結局、床にわざわざ毛布しいてもらって寝かせてもらったが、興奮に包まれてなかなか寝付けなかった。僕の数少ない特技の内の一つ、どこでも五秒で眠りに落ちれる、が発揮される機会はなかった。

翌朝、少しウトウトした眠りから覚め、失礼とは思いながらも、本棚を物色。
昨日の夜、もっと本を読め!といったコークスクリューをもらっていたので、それを気にしていたのだった。結局、そういやまだ読んでなかったなと思い、稲垣足穂を借りる。メルヘンでリリカル。


夜が明けて、トシさんはいつもの飄々としたトシさんに戻っていた。昨夜のアツく俺に説教していたトシさんはどこかに行ってしまっていた。やはり、昨日のことは夢だったのではないかと、思った。


朝方、ダラダラとみんなでNHK教育を見て、ヘラヘラと笑った。シュールでほのぼのしててどっか知的で。まるで、河馬壱みたいな世界観だった。

それはそれはとても穏やかで不思議な朝だった。手には幻のドリンク、アンバサが光る。

きっと、全ては夢さ。

スポンサーサイト

  • 2014.11.04 Tuesday
  • -
  • 21:11
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
ツイッター sumou_zanmai
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM