<< たかだたみのDJ山脈!!!!!!!!!!!!!!!!! | main | 恋愛15シュミレーション >>

スポンサーサイト

  • 2014.11.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ぼんち揚げ、食うか?

去年書き溜めてたマンガの話題。




「ワールドトリガー」  芦原大介




まだ1年ちょいしか連載してないが(祝!連載1周年!!)、現在、ジャンプの中堅になりつつある連載作品。ジャンルはバトルマンガ。
いわゆるジャンプ印の瞬発力には欠けるが、週刊少年誌掲載とは思えないほどに緻密な脚本と、情報量の多いストーリーをスッと脳に馴染ませるメリハリのある作画で、完成度は恐ろしく高い。回を追うごとにぐいぐいと読者を引き込んでいる。


特にウマイのは、各キャラが明確な個性を持っており、そのキャラらしい行動原理を貫いている所だ。
キャラが多く、展開にツイストが効いてる割にはあまりゴチャゴチャしないのだ。そういった下地の上での多人数VS多人数のスリリングな集団戦は、すでにこの作品の名物と言える様な格を感じる!文句なしにオモシロイ!
(それに比べて3億部を突破してる海賊マンガなんかは、キャラ多い割には全くキャラを書き分けれてないから、混乱の元だよなー)

作者の芦原大介は前作「賢い犬リリエンタール」で独特の世界を展開。地味ながらも、少なくはないマンガ読みに評価された新人であった。
前作は藤子Fイズムを感じる少しフシギなSF話だったので、身の丈にあった別誌に移って、優れたストーリーマンガを綴っていく作家になっていくのかと思われたが(つまり、「リリエンタール」はジャンプ的にはかなり異端な作品だった)、まさかのジャンプ王道のバトルマンガを引っ提げての再登場!!たまげた。そこに来てのこの仕上がりですよ!!興奮しない訳がなかいッッ!!!!

芦原センセの何が際立っているのか?前述もしたが、週刊誌らしからぬストーリーの完成度の高さもそうだが、それよりも特徴的なのは児童書の様な牧歌的な絵柄と、淡々としたキャラ造形にある。「リリエンタール」の頃と比べたら大分少年マンガ的なデザインギミックは増えたが、それにしてもこの安穏としたノリは、(形だけは)殺伐として過激な意匠を好む昨今の少年マンガ界において異端と言って良い。
このミョーに淡々としてゆったりした語り口は、熱がない分、本作の端正な絵柄と緻密な脚本にマッチしている。キャラへの思い入れやファンへの目配せなど、余分な要素を経由せずに、ストーリーの、バトルの面白さを純粋に楽しめる。
こいつは、ひょっとしたらとんでもないモンスターに化けるのではないか!?僕はかなり期待している。




 
・ただ、こういった要素だけだと【よく出来た佳作】レベルの作品なのだが、本作では一つ、大きな実験をしているのでは?と考えていて、それこそが本作の注目ポイントでもある。
それは主人公の一人、オサムの存在。

 

こいつこそが本作の台風の目に成り得るキャラなのではないか!?と思っている。

んで、このオサム君、何が注目ポイントかって言うと、要は何も出来ないボンクラなのだ!!!!
生身だと街の不良程度にボコボコにされるわ、登場人物のほとんどにナメられてるわ、いつも不測の事態に「なっ!?」と言って焦っている。
まあ、物語には舞台背景を説明する役(ないしは説明を促す何も分かってない情弱)が必要なので、こういったキャラ自体は別段珍しくない。異常事態なのは、こいつを主人公の一人に配している事だ。

翻って、もう一人の主人公ユーマは登場時から戦闘のプロで、目下の所、作中では最強クラスの存在で、万能に近い特殊能力を持っている。飄々として余裕 しゃくしゃくな態度も、ヒジョーに【今っぽい主人公像】であるし、この頑張り過ぎないのに強くてカッコイイのは、【今時のヒーロー像】の王道ともいえる。

 決めゼリフ


対してオサム君の弱さ、何も出来なさは異様とも言える事態なのではないだろうか?

ここで、ある一つの資料を紐解きたい。
かつて、竹熊健太郎・相原コージ両御大が著した伝説的マンガ評論マンガ「サルまん」において、主人公の脇でいつもチョロチョロしてる貧弱な見た目の脇役・メガネ君について言及した章がある。
それによると、メガネ君とは読者の投影!つまりは我々の等身大の写し姿なのである!!(下図参照)


ビクビクオドオドしているうちに青春は夢のように過ぎ去る・・・うるせいよ!!!!


この清く正しいメガネ君スタイルを現代に蘇生したキャラ、、、それが他ならぬオサム君なのではないかッ!!!!!



・今時の少年マンガでは、昨今のチーム男子ブームというか、【個性の時代】で横並びを良しとする時代感のせいか、明確な主役は存在せずに、こういったメガネ君にもスポットが当たる様になった。とゆうか、メガネ君はどちらかと言うと、「クールでデキる奴」みたいな立ち位置の作品が多い傾向にある。
昨今ではメガネ君キャラが主役や又はそれに準ずる主要キャラに抜擢される事も多くなり、正に世は大メガネ君時代の到来を謳歌していた・・・!(これに関しては一般社会でのメガネの地位向上も関わって来ると思うのだけど、長すぎるので割愛w)

 メガネ君キャラが主役の典型例 「惑星のさみだれ」


しかし、その時代の中にあっての、まさかの逆行メガネ君の登場!!
第1話の段階で街の不良にボコボコにされても反撃すら出来ない、オサム君の駄メガネ君っぷりに、私の胸は著しくときめいてたね!!!!今、ここに来ての・・・!しかも、一向に強くなる気配が見えないとこもグッドっすね!
今後は、創意工夫で敵を倒していく最弱キャラになって欲しいなあ〜。なんつうか、都合良く【隠された才能】とかに目覚めてほしくないなーと思う訳ですよ。

絵柄やストーリー展開などのガワは最先端とも言える「ワールドトリガー」ですが、その根底には古き良きマンガ文法が息づいてます。ストーリーもまだ序盤ながら、大河ドラマを感じさせるスケールがあるし、主役である4名のキャラもイイ意味で色気がなくて安心して見ていられます(何故なら色気はどこかでピークを迎えて減退していくから)。
アンケートで上位は取りにくい作品だろうけど、細く長く続けて「ダイの大冒険」みたいな丁寧な良作になって欲しいと切に願うばかりっす。



・それにしても、つくづくジャンプは刺激的な雑誌だ。
一見、少年マンガの王道に見えて、その実、覇道を歩んでいるからだ。

どうゆう事かと言うと、ジャンプの歩いた道こそが唯我独尊!誰も辿りつけない荒野なのである!!
数ある少年マンガ誌の中でも、少年マンガの規格から外れて、一番はしゃいでみせるのも実はジャンプなのだから。(ちなみに他のマンガ誌では、マガジンは王道・リアリズム路線、サンデーは理知的・文化系路線、チャンピオンは自由放任・異形路線となっている。)

ジャンプは通常の少年マンガの常識・通例・理屈が通らない独特の磁場が形成されており、流行の最先端に背を向けて来た歴史がある。

例えば、現在マンガ・アニメ業界に嵐の様に吹き荒れている萌え市場に対して、真っ向から立ち向かっているのは他ならぬジャンプであり、「萌えなんぞ生温いわ!!!!!」と、ガチのエロコメ「ToLoveる」をシーンにぶつけてきた。(現行のジャンプで乳首を描いていた、あのありがた味よ!)
それはかつてはラブコメブームといった軟弱な風潮に襟首を立てて、「北斗の拳」とゆうマッシブでゴアな稀代のブツをドロップした実績を彷彿とさせる。
または、他のマンガ誌で金田一やらコナン君やらの本格推理もの路線の爆発的ブームには全然乗れていなかったジャンプが、それから10年経って、何故か「デスノート」なんていう変化球を投げてきた事もあった。(「デスノート」が真に偉大な点は、全くフォロワーが出て来ない事に尽きる)
そもそも、ドラゴンボールやスラムダンクの様な王道中の王道作品でさえ、当時としてはかなり異端な作品として受け止められていた、というのは今でも信じられない話・・・

とにかく、流行とは無縁どころか、ジャンプが流行を作り出してきた節さえある。つまり、ジャンプの独特の立ち位置は異端にして突端!現行のマンガの最先端に他ならない。それは今までの歴史が証明している。
(突端過ぎて、度々ハズしていくのも正にジャンプ流だ)

ジャンプでは、今やってる「暗殺教室」なんかは、正に分かりやすいぐらいに異端でありながら最先端である。
クラス全員で一つの目標に向かう青春ものとゆう王道のプロット。そして藤子・F・不二夫系統の異星人同居のほのぼのシチュエーションとゆうクリシェを用いながらも、題材は「暗殺」。
しかも、ほのぼの生物である所の殺せんせーが暗殺の対象であり、目指すべき最大の敵となる。そればかりか、殺せんせーが教師で、主人公たちに暗殺の手ほどきをするとゆう、、、言葉だけでは何が何やら!「暗殺教室」はそんなトリッキーな設定から始まった作品だ。まず第1話のスタート時点からしてスゴイ!
最初はどうやってこの設定で話を引っ張るんだ!?と、疑問に思ったが、それを破綻させることなく見事に乗りこなしている、とゆうのがもっとスゴイ!!!!
んで、設定はトリッキー過ぎるものの、中身は王道中の王道少年たちの成長譚である所が、バリヤバい!!!!!
なんかもぉ〜上手い具合に称賛の言葉が出ない程に「暗殺教室」は文句なしに面白いのであった。。。

こんなすごいマンガが現行で連載しているとゆうありがた味よ!!!!!
やっぱりマンガ好きの方は、ジャンプを追っかけないのは損してると思う。
まあ、ハズレも多いのは事実だし、人気作も連載が長引けば長引くほどに凡作化していくのはどうかと思うが・・・

 

スポンサーサイト

  • 2014.11.04 Tuesday
  • -
  • 10:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
ツイッター sumou_zanmai
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM