<< ひまあり! | main | うわさのベーコンさん >>

スポンサーサイト

  • 2014.11.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


さらばダスト惑星

昨日、三鷹天命反転住宅の見学会に行ってきた!!

http://www.architectural-body.com/mitaka/



外観を撮り忘れたので(アホ)、ネットで拾ってきた画像。


岐阜にあるという素敵なテーマパーク、養老天命反転地について調べてるうちに、三鷹にこんなオモロイ建物があるぞ!しかも見学会もやってるぞ!!という情報が・・・!!
でかい街道沿いにドーーーーンと建ってるので、三鷹近辺に住んでる人は見たことあるんじゃないでしょーか?
実はこれ、集合住宅、つまりはマンションらしいんです。
マンション?どーやって住むんだ、これ?

気になったのでソッコーで応募して、行ってきましたヨ!!!!!!!!!!!!!!!




最初はカルトスポットを期待していったんだけど、意外や意外、学芸員チックな小奇麗な管理スタッフが建物の沿革やコンセプトを説明してくれるとゆう、アカデミックでア〜トな感じでした。

や、自分、ア〜ト好きなんで、楽しかったっすよ!!
当初抱いてたサブカルっぽいモンドな期待は満たされなかったですが。



で、こっからは写真を載せてレポしていきます。他にも説明会を受けてる人がたくさんいたんで、写真には色んな人が写りこんでますが、止むを得ず。肖像権、ガン無視でいきますんで、文句がある奴は来い!!こっちは謝る準備はいつでも出来ているっ!



建物の渡り廊下。床や壁だけじゃなく、欄干や排気排水パイプも全て原色で塗りたくられている。幼稚園みたい!!




で、問題の建物の中。


部屋の中央。キッチンつき


ユニットバス部屋。真ん中のカプセルみたいのがシャワー室。宇宙船みたい!奥にトイレもある。


球体の部屋。音の反響がヤバイ!!


天井。おもむろに電源コードが伸びてたりする。無数にカギが生えてる。



内部は広々とした広間になってて四方に部屋がくっついてるって構成。広間の真ん中の床がくぼんでてキッチンになってる。

外観で見えた、奇妙な四角や丸は全て部屋になってる。全部が球体で出来てる部屋や、筒状になってて壁と床が円状に1周してつながってる部屋など、やりたい放題!!
特に気になったのが、ユニットバスになってる部屋。特に扉や仕切りがないので、広間から丸見え!!音もきっとダダ漏れ!!客が来て用を足す時とかどうすんだろ・・・!?

他にも、床と天井が傾斜してたり、床がデコボコしてたり(土踏まずにフィットするらしい)、無意味なとこにはしごがあったり、やりたい放題!!暮しにくそう!!
なんでも、これらは全部、人間の生命力を刺激するためのデザインらしい。
色の配色は思ったよりドギツイ感触は受けなかった。すぐ目が馴れた




部屋の内部の次は、屋上へ。


黄色いハシゴを上って屋上へ


屋上は空中庭園風。オッシャレー!


ちと分かりにくいが、部屋を外側から撮影。チビ太のおでんライクな、原初的な形!!




そして、最後はジムショの見学をして、見学会は終わったのでした!




ジムショの中は、雑貨がいっぱいあって、なんかショップみたいだったゾ!!


球体の部屋の中は、デコレーションして子供の遊び部屋みたいに!中では爽やかなボサノヴァがかかってたが、ダブやテクノかけたらどうなるんだろう!?


飾ってあった、ステキな模型。何の模型かは良く知らん!!!!


この建物を設計したのは、荒川修作とゆう、現代アーチスト。立体と絵画を合成させた作品で有名らしいが、不勉強で僕は良く知らない人だった。
岐阜にある養老天命反転地もそうだが、この建物は、人間の生命力を促し、「死なないための住宅」を標榜している様だ。

実際、奇妙な思いつきにしか見えないあの部屋の様々な仕掛けは、それら一つ一つが身体のある箇所を刺激するように設計されているらしい。実際、デコボコした床なんかは、思ったよりも痛いって感じではなく、足ツボを刺激されてるのか、歩いててちょっと気持ちよく感じるくらいだった。

「天命反転」。ちょっと怪しい宗教用語みたいに聞こえるが、読んで字面の如く、ここは寿命という天命に抗する住宅なのである。っていう説明を管理スタッフの方がされているのをボーっと聞いて、見学会はお開きになった。





いやあ、オシャレだったナア〜。自分とはとにかく縁遠い世界だった。
説明を聞いてる最中、まず思ったのは、「きっと、これは家賃高いんだろうなあ」という、貧乏臭い発想。実際帰りしなにパンフレット見たら、自分の月給以上の家賃を取っていて、ひたすら悲しいキモチに!
オシャレ、ア〜ト。それは、どっちも経済的余裕のある人にしか出来ない、贅沢な悦楽だという事を、頭に叩き込まれたイベントでした。
きっと、俺は一生、安っぽいサブカルをかじって生きていくのだろうな。

コレ見て興味沸いたア〜トが好きなアナタ、金が有り余ってしょーがないあなた(俺に寄付して欲しい)は、見学会に行ってみてはいかがでしょーか?たまにやってるみたいです。


スポンサーサイト

  • 2014.11.04 Tuesday
  • -
  • 23:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
ツイッター sumou_zanmai
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM