スポンサーサイト

  • 2014.11.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ぼんち揚げ、食うか?

去年書き溜めてたマンガの話題。




「ワールドトリガー」  芦原大介




まだ1年ちょいしか連載してないが(祝!連載1周年!!)、現在、ジャンプの中堅になりつつある連載作品。ジャンルはバトルマンガ。
いわゆるジャンプ印の瞬発力には欠けるが、週刊少年誌掲載とは思えないほどに緻密な脚本と、情報量の多いストーリーをスッと脳に馴染ませるメリハリのある作画で、完成度は恐ろしく高い。回を追うごとにぐいぐいと読者を引き込んでいる。


特にウマイのは、各キャラが明確な個性を持っており、そのキャラらしい行動原理を貫いている所だ。
キャラが多く、展開にツイストが効いてる割にはあまりゴチャゴチャしないのだ。そういった下地の上での多人数VS多人数のスリリングな集団戦は、すでにこの作品の名物と言える様な格を感じる!文句なしにオモシロイ!
(それに比べて3億部を突破してる海賊マンガなんかは、キャラ多い割には全くキャラを書き分けれてないから、混乱の元だよなー)

作者の芦原大介は前作「賢い犬リリエンタール」で独特の世界を展開。地味ながらも、少なくはないマンガ読みに評価された新人であった。
前作は藤子Fイズムを感じる少しフシギなSF話だったので、身の丈にあった別誌に移って、優れたストーリーマンガを綴っていく作家になっていくのかと思われたが(つまり、「リリエンタール」はジャンプ的にはかなり異端な作品だった)、まさかのジャンプ王道のバトルマンガを引っ提げての再登場!!たまげた。そこに来てのこの仕上がりですよ!!興奮しない訳がなかいッッ!!!!

芦原センセの何が際立っているのか?前述もしたが、週刊誌らしからぬストーリーの完成度の高さもそうだが、それよりも特徴的なのは児童書の様な牧歌的な絵柄と、淡々としたキャラ造形にある。「リリエンタール」の頃と比べたら大分少年マンガ的なデザインギミックは増えたが、それにしてもこの安穏としたノリは、(形だけは)殺伐として過激な意匠を好む昨今の少年マンガ界において異端と言って良い。
このミョーに淡々としてゆったりした語り口は、熱がない分、本作の端正な絵柄と緻密な脚本にマッチしている。キャラへの思い入れやファンへの目配せなど、余分な要素を経由せずに、ストーリーの、バトルの面白さを純粋に楽しめる。
こいつは、ひょっとしたらとんでもないモンスターに化けるのではないか!?僕はかなり期待している。




 
続きを読む >>

ムーンライト、思い出をありがとう

なんか知らんが、JUGEMの仕様が最近変わってしまったらしく、ケイタイからすっげー見にくい感じになってしまった。1ページで表示できる情報が少なく、やったらページ分割される様になっちまいました。

鬱陶しいくらいの長文がウリ(というか短所)の我がブログ、、、ますます読みにくくなるじゃないですかあ〜!
とゆうわけで、更新頻度を上げて一回一回の記事を短めにしてみようと思います。
なんで、しばらくはマンガの話題が続きますが、ご容赦を。

んで、まずはこれから!



「機動戦士ガンダム サンダーボルト」 太田垣康男



画期的SFマンガ、「MOONLIGHT MILE」で有名な太田垣康男が、ガンダムマンガに挑む!!
こいつぁ〜、事件だあああ〜〜〜〜!!!!



続きを読む >>

たちつてとなかにはいれ

最近、書いてなかった、マンガについての雑感。
あ、書いてたら興が乗って無駄に長くなってしまったので、興味があるとこ以外は読み飛ばし推奨。





「ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~」宮崎克 吉本浩二

数年前からやってる少年シャンピヨン(フランス語読み)のブラックジャック攻勢には正直言って飽き飽きだ。他に企画がないのだろうか。

BJトリビュートの単行本はいつ出るんですか!?と思っていたら、ひょんなとこから本作が登場した。
ブラックジャック連載直前の手塚はキャリアの中でも最も低迷しており、漫画家生命が断たれるかどうかの瀬戸際にいた。その状況を見かねた当時のシャンピヨン編集部は、手塚治虫に引導を渡し、最後の花道を用意させてやるつもりで連載を持ちかけたそうだ。
しかし、BJが連載されるやいなや、たちまち人気に火が付き、手塚は見事に人気漫画家として返り咲いた。これは手塚治虫の中でも有名なエピソードの一つである。
本作はその時期のエピソードを中心に構成された実録ノンフィクションマンガである。

雑誌掲載時からビビっときていた。

これは・・・文句なしに面白い!!

神様・手塚治虫の必殺エピソード集!!
手塚の破天荒なエピソードだけでも十分におもしろいのだけど、さらに特異なのは・・・
神様・手塚をまさかの肉体労働者扱い!!


汗まみれの肉だるま!!



トチ狂った眼!!完全にイッちゃってます!!



結果・・・漫☆画太郎センセイのマンガみたくなってる!!

神・手塚をここまで堂々と汚しまくった漫画は他にはあるまい。しかも狙ってやってる訳ではなく、ほとんど天然っぽくやらかしちまってるのがポイント高し。

ああ、画像1枚目の手塚センセの笑顔が脳に焼き付いて離れない・・・

続きを読む >>

グゥゥゥううううううっ タイミーーーーン!!!!!!!!

オタキング岡田斗司夫のドラゴンボール〜ジョジョ論

http://otaking-ex.jp/wp/?p=9511#01



僕らの世代からすると、オタキングこと岡田斗司夫は、中間搾取業者、もっと具体的に言うと、オタクをネタに商売にしてる人っていうイメージがある。
さらに悪い言い方をすると、魂を売っちゃった系の人ね。

オタクである事で、自己表現したりするんではなく、周りのオタクを巧みに利用して商売につなげる。
まあ、一般社会ではそれは立派な能力だけど、社会不適合者の集まりである、オタク界隈ではあまり誉められた行動ではない。
近年は特に活動が訳わかんなくなってて、ダイエット本出したり、若者の自己啓発本出したり、「オマエ、オタクじゃねーだろ!」的な批判をあちこちで見た。

が、リンク先の動画で見せた、鳥山明論の明快さと正しさはどうだろうか。
オタキングの名は伊達じゃない!!!!



一般的にドラゴンボールは破綻した少年マンガとしても有名だけれども、それはバトル漫画に限っての話。
ドラゴンボールはストーリーテリング的には至極真っ当だ。極めて正しい手順で物語が進んでいき、論理の矛盾はほとんどない。要は勢いで誤魔化してないのだ。

僕は秘かに見事だと思ったのは、人造人間編。考えてみると、人造人間編の敵キャラは大きく変遷している。
最初は人造人間19号・20号襲来の話だったのが、続いては16号・17号・18号に敵キャラが移り、さらにラスボスにセルが来る。
普通、こんなに敵キャラがコロコロと変わったら読者は混乱すると思うんだが、実にスムーズ。
更には、新しく出てくる敵キャラが倍倍で強くなっていく様を、上手くストーリーと絡めている。(セルが、17号・18号を吸収することで強くなるって設定は、相当理に適っている)
凡百のストーリーテラーでは、中々上手くはまとめられはしないだろう。
それを可能にしているのは、岡田斗司夫も指摘しているが、生真面目とも言える鳥山明の作品内設定の徹底であろう。
一つ一つの設定やそれを具現化させるストーリー運びが実に良く練られている。

しかし、DBはその正しさゆえに、最後は強さのインフレが進んでしまい、最終的にバトル漫画として破綻してしまったのは、皆様知っての通り。
ここまでを岡田斗司夫は、図像を用いつつ実に明快に解説している。
ドラゴンボールにおいてのキャラの復活は、神龍によるものか、もしくはサイボーグ化でしかない、っていうのは、確かにすごい理に適ってる(笑)
それを絵でやってるってのが、鳥山センセのすごいとこだよなあ。

他にも浦沢直樹の話の組み立て方と、ジョジョの歴史的意義についても、鋭い指摘をしているので、オタク諸兄は、各自括目して聞かれたし。




ノーズファンシーキャノン!!

興味深い記事  ↓

紙屋研究所
「なぜ『ONE PIECE』はつまらないのか?」
http://d.hatena.ne.jp/kamiyakenkyujo/20100628/1277732436#c




ONE PIECEの何が面白いのか?漫画好きならよく考えてしまう事だ。
今までの周りのマンガ好きに「ONE PIECEは面白いか?」という質問をすると、(好きか?っていう質問じゃないとこがミソ)、面白いつまんないの反応が半々だったのが、興味深かった。みんな、SEKENが言うほど面白いと思ってもいないみたいだ。

結論から言うと、僕はONE PIECEはつまらないと思う。だが、「つまらない」の一言だけで断じる事の出来るマンガじゃないとも思う。だから、50巻まで続いたのも、不思議ではないんだが、一体、何が面白いのか?パッと読んだだけでは分かりにくいというのが、別の不思議。ドラゴンボールやSLAM DUNKや北斗の拳みたいに、1巻読んだだけで引き込まれる、あの魔法の様な読書体験はワンピースではあまり感じなかった。(ただ単に、自分の少年マンガ脳が劣化してるだけって、可能性もあるが)

残念ながら、紙屋研究所での指摘は大分間違っている感があるし、さすがに、最近の怒涛の展開をチェックしてなかったのはあまりにも大きな手落ちだ。当然、コメント欄は大荒れ。
しかし、そのコメント欄でのワンピの擁護や分析が、的を射ているのが多かったので、いくつかピックアップしてみたい。


続きを読む >>

ピザ的なものとは、ピザの事です

これは興味深い。

西岡兄妹がカフカをマンガ化、描き下ろしに「変身」収録
http://natalie.mu/comic/news/30501

とゆうか、カフカを未だにまともに読んでいない、オレが問題だ。絶対好きになる確信があるのになー。そーやってヴォネガットも10年近くスルーしてきた訳だが。サリンジャーはあんま好きになれなかったけど。

今のバイト先は、本を読む時間がいっぱいあるので幸せです。



後、どーでもいい話ですが、今年の初めあたりからひっそりとツイッターにいます。
他人のつぶやきを見る専門なんで、ほとんどつぶやいてません。友人ともほとんどフォローし合ってませんし、する気もないんで無理にフォローしてくれなくていいです。

で、なんでこんな話したかってゆーと、ツイッター、オモロイよって話じゃなく。

今日始まったTV番組で(正確には昨日か)、ツイッターをきっかけに出会ったカップルがどうこう、という死ぬほど安直な設定のドラマが始まりましたが、ツイッターで何か動きがあるかと思ってアクセス。
そしたら、脚本家の北川悦吏子がツイッター上で実況してた。
http://twitter.com/halu1224

自作を実況・・・!!!!!これがいわゆる自演ってやつでしょうか?
ヒロインのハンドルネームがハルっていうのは、もちろん森田芳光のパクリなんだろうなっ!?

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
ツイッター sumou_zanmai
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM