スポンサーサイト

  • 2014.11.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


もうゴールしてもいいよね・・・? 後編

さあて、前回は
http://sumou-zanmai.jugem.jp/?eid=133

まさかのカミオカンデ突入前で終わってしまいましたが、これからが本番!!

 


ロッカールームに靴を入れ(ダンジョン然とした坑道から、いきなりこうゆう事務的な建造物が目に入ると、一瞬精神的に面食らうな)、いざ、入場っっ!!



続きを読む >>

もうゴールしてもいいよね・・・? 前編

暑いよーな、寒いよーな、よくわからん夏がやって来ましたね。
相変わらずの亀更新なこのブログですが、きょうは久々にBIGなネタ!!

スーパーカミオカンデ行ってきましたっっ!!!


・・・え〜どういうとこかと言うと、岐阜県飛騨山に位置する、神岡鉱山跡にある超巨大な世界最大の素粒子観測場なのです!!!!

公式ページ
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/sk/



えー、公式ページによると、以下の説明文が。


スーパーカミオカンデ実験の目的の一つは、太陽ニュートリノ大気ニュートリノ人工ニュートリノなどの観測を通じて、ニュートリノの性質の全容を解明することです。1998年には、大気ニュートリノの観測により、ニュートリノが飛行する間にその種類が変化する現象(ニュートリノ振動)を発見し、さらに2001年には、太陽ニュートリノの観測に より、太陽ニュートリノ振動を発見しました。ニュートリノの性質を解明することは、宇宙の初期に物質がどのように作られたかという謎に迫ることにつながり ます。また、太陽で作られる太陽ニュートリノを観測することより、太陽内部の活動を直接知ることが可能になります。あるいは、超新星爆発からのニュートリノをとらえることにより、星の爆発過程の詳細を調べることができます。

一方、物質に働く4つの力をまとめて説明する大統一理論では、陽子が崩壊して別のもっと軽い粒子になることを予言しています。スーパーカミオカンデでは、この未発見の陽子崩壊現象を探索しています。陽子崩壊が発見されれば、大統一理論が実証されます。



・・・よく分かんねえ!!けど、なんかすげえ!!

要は太陽とかから降り注ぐ未知の粒子、原子核よりももっと小っちゃいこの世で最小の粒子、ニュートリノを観測できるとこなんです!!

・・・キましたよ、コレ。
消防時代、僕は父親の買ってたニュートンを読み耽ってた、ヤなガキンチョだったんです。NHKスペシャルとたけしの万物創世記は必ずチェックしてた、そんな間違った子供時代をすごした、そんな僕の科学オタクの血が久々に騒ぐぜ・・・!
そんな理系まっしぐらなはずだった少年時代、つまりは童心に帰って、見学ツアーに参加しました!!!!



ちなみに、これは飛騨の山並み。キレイなエエとこや・・・
続きを読む >>

非現実の王国で

先日、夢の国に行ってきました。雨のそば振る中、放射能にまみれて。

はい、あの、震災の時に水没した、千葉のウォーターフロントにでっかくオープンしてるアソコですよ。

今までね、キライだったんですよアソコ。アメリカ帝国主義の権化みたいなとこだったから。

後、自分の友人知人やその方々の大切な人の中にそういった人がいたら、全力で謝るけど、アソコに群がる人間の洗脳されっぷりとかを、ニュースや人伝てで見聞きしてて、本当に寒気がするほど引いてた。ちょっと尋常ではないな、と。

実際、自分の元働いてた職場ではね、いたんですよ。フリークスが。
その方は、勤続年数20年クラスの、いわゆるお局みたいな事務の女性でした。
そんな、半世紀近くを生きてた、本来なら知己のあるはずの女性がですよ?年間パスポート握り締めて(ちなみに両パーク共通券だと8万!)、わざわざ有給取ってパレード見に行くわけですよ。そこで撮った、マスコットキャラクターに抱きついてる写真とか見せてくる訳ですよ。
若かったとは言え、私は心の中で叫びましたね。「キチ○イじみてる!!」と。


↓画像は関係ないけど、ヘンリーダーガー




続きを読む >>

愛はシベリアから

先週首都圏外郭放水路!行ってきました!!!!



えー、どんなトコかと申しますと、

こんなトコです!!


こんな感じの、巨大な神殿然としたスゲー空間がある、治水施設なのです。
こちら↓のホームページに詳しいコト、載っております。

http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/project/g-cans/frame_index.html


この空間自体は、前から仮面ライダーのロケで使われてるのを見てて知っており、カッコエエなあと思っておりました。

年初めに、見学会が行われていた事を知り、「こりゃ、行かな!」と思い、メンバーを集めて、行ってきました!! 総勢8名の猛者が集まりました!イエーイ!!

ご参加頂いた、こもさん、北さん、すばるさん、三武くん、郷くん、岩田さん、金澤・山田夫妻、
みんな、どーもありがとうございましたァン!!

そして、見学会の存在を教えていただいた、すまきゅーさん、ありがとうございました!
以下、レポります!!!!







続きを読む >>

さらばダスト惑星

昨日、三鷹天命反転住宅の見学会に行ってきた!!

http://www.architectural-body.com/mitaka/



外観を撮り忘れたので(アホ)、ネットで拾ってきた画像。


岐阜にあるという素敵なテーマパーク、養老天命反転地について調べてるうちに、三鷹にこんなオモロイ建物があるぞ!しかも見学会もやってるぞ!!という情報が・・・!!
でかい街道沿いにドーーーーンと建ってるので、三鷹近辺に住んでる人は見たことあるんじゃないでしょーか?
実はこれ、集合住宅、つまりはマンションらしいんです。
マンション?どーやって住むんだ、これ?

気になったのでソッコーで応募して、行ってきましたヨ!!!!!!!!!!!!!!!




最初はカルトスポットを期待していったんだけど、意外や意外、学芸員チックな小奇麗な管理スタッフが建物の沿革やコンセプトを説明してくれるとゆう、アカデミックでア〜トな感じでした。

や、自分、ア〜ト好きなんで、楽しかったっすよ!!
当初抱いてたサブカルっぽいモンドな期待は満たされなかったですが。



で、こっからは写真を載せてレポしていきます。他にも説明会を受けてる人がたくさんいたんで、写真には色んな人が写りこんでますが、止むを得ず。肖像権、ガン無視でいきますんで、文句がある奴は来い!!こっちは謝る準備はいつでも出来ているっ!



建物の渡り廊下。床や壁だけじゃなく、欄干や排気排水パイプも全て原色で塗りたくられている。幼稚園みたい!!




で、問題の建物の中。


部屋の中央。キッチンつき


ユニットバス部屋。真ん中のカプセルみたいのがシャワー室。宇宙船みたい!奥にトイレもある。


球体の部屋。音の反響がヤバイ!!


天井。おもむろに電源コードが伸びてたりする。無数にカギが生えてる。



内部は広々とした広間になってて四方に部屋がくっついてるって構成。広間の真ん中の床がくぼんでてキッチンになってる。

外観で見えた、奇妙な四角や丸は全て部屋になってる。全部が球体で出来てる部屋や、筒状になってて壁と床が円状に1周してつながってる部屋など、やりたい放題!!
特に気になったのが、ユニットバスになってる部屋。特に扉や仕切りがないので、広間から丸見え!!音もきっとダダ漏れ!!客が来て用を足す時とかどうすんだろ・・・!?

他にも、床と天井が傾斜してたり、床がデコボコしてたり(土踏まずにフィットするらしい)、無意味なとこにはしごがあったり、やりたい放題!!暮しにくそう!!
なんでも、これらは全部、人間の生命力を刺激するためのデザインらしい。
色の配色は思ったよりドギツイ感触は受けなかった。すぐ目が馴れた




部屋の内部の次は、屋上へ。


黄色いハシゴを上って屋上へ


屋上は空中庭園風。オッシャレー!


ちと分かりにくいが、部屋を外側から撮影。チビ太のおでんライクな、原初的な形!!




そして、最後はジムショの見学をして、見学会は終わったのでした!




ジムショの中は、雑貨がいっぱいあって、なんかショップみたいだったゾ!!


球体の部屋の中は、デコレーションして子供の遊び部屋みたいに!中では爽やかなボサノヴァがかかってたが、ダブやテクノかけたらどうなるんだろう!?


飾ってあった、ステキな模型。何の模型かは良く知らん!!!!


この建物を設計したのは、荒川修作とゆう、現代アーチスト。立体と絵画を合成させた作品で有名らしいが、不勉強で僕は良く知らない人だった。
岐阜にある養老天命反転地もそうだが、この建物は、人間の生命力を促し、「死なないための住宅」を標榜している様だ。

実際、奇妙な思いつきにしか見えないあの部屋の様々な仕掛けは、それら一つ一つが身体のある箇所を刺激するように設計されているらしい。実際、デコボコした床なんかは、思ったよりも痛いって感じではなく、足ツボを刺激されてるのか、歩いててちょっと気持ちよく感じるくらいだった。

「天命反転」。ちょっと怪しい宗教用語みたいに聞こえるが、読んで字面の如く、ここは寿命という天命に抗する住宅なのである。っていう説明を管理スタッフの方がされているのをボーっと聞いて、見学会はお開きになった。





いやあ、オシャレだったナア〜。自分とはとにかく縁遠い世界だった。
説明を聞いてる最中、まず思ったのは、「きっと、これは家賃高いんだろうなあ」という、貧乏臭い発想。実際帰りしなにパンフレット見たら、自分の月給以上の家賃を取っていて、ひたすら悲しいキモチに!
オシャレ、ア〜ト。それは、どっちも経済的余裕のある人にしか出来ない、贅沢な悦楽だという事を、頭に叩き込まれたイベントでした。
きっと、俺は一生、安っぽいサブカルをかじって生きていくのだろうな。

コレ見て興味沸いたア〜トが好きなアナタ、金が有り余ってしょーがないあなた(俺に寄付して欲しい)は、見学会に行ってみてはいかがでしょーか?たまにやってるみたいです。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
ツイッター sumou_zanmai
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM