スポンサーサイト

  • 2014.11.04 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


X次元へようこそ

何かを書こうとしても書く気が起きないのは、モッタイナイので、書きます。ザッキを。軽〜く。



・最近いっちゃん好きなアーチストであるところのフレネシさんhttp://www.otomesha.com/frenesi/なのですが、
彼女と同じレーベルに所属するバンドのblue marble。その新譜である所の「フルカラー」もサイコーに良かった。



今作から、ボーカルとして武井麻里子が入団した事によって、重層的で技巧派で玄人向けだったサウンドが一気に華やかなポップサウンドに変化!!グッと聴きやすくなった。
特に、リード曲となっている「未明戦争」!!ホントに同じグループなのか??と思うほどに、ストレートなロックサウンド・・・!これ↓をユーチューブで見つけて、一聴で心掴まれてしまったのである。




このポップでありながら重層的で豪華なバンドサウンドは90年代の、特に前半期のかほりがしてウットリしてしまうなあ〜。バンドサウンドでしか表現できないダイナミズムとエモーションがあって・・・!
シティポップに代表される様な軽みがあって耳馴染みのいいサウンドが流行ってる昨今、歌も音に溶け込んで空気中に流れていってしまう曲が多い中、本作は歌がバンドサウンドのエモーショナルな部分に良く乗っていて、ガツンと頭に入ってくる。
武井麻里子嬢の少女性を持ちながらも、軽く舌に絡んでくるボーカルも理想的なロック歌手の声!椎名林檎ほど情念の押し売り感がないのも好きだ!

このblue marbleとフレネシさんが所属しているレーベル、乙女音楽研究社は粒ぞろいのアーチストが揃っていて今後注目のレーベルだ。
両者ともにとてつもなく技巧派なのに、その技術が見事にポップサウンドに昇華されていて、カッコイイ。
今年の5月に見に行ったフレネシさんのライブのトークショー(!)でも、このレーベル主催者の方も登場し、淡々と司会進行をしていた。寡黙な青年風ながら、ミョーになれた手つきでトークを回し、各パネラーに隙あらばツッコミを入れていく姿勢は、眼光鋭いスナイパーを想起させた・・・


まあ、そんな事はともかく、こういったチョロチョロした所で、僕が感じたゼロ年代の閉塞感が払拭されていくのは、痛快だなあ〜。



 
続きを読む >>

苦しみを擦り付け合う僕ら 2013

年の瀬ですな。年の瀬ですね。
世間様と関係なく、私はシフトの魔力により、大晦日の年越しを職場で過ごす事になり、
40代後半の問題社員と、問題社員の問題行動に憤っている新卒の若造と、仕事は3割の力でしかやりたくないプチ問題児の僕の三人…20代、30代、40代!世代のホップステップジャンプを成し遂げた3人のむさ苦しいオノコで年を越します。

大晦日なのでほとんど仕事がなく、やる事と言ったら、BSでやってるバックトゥザフューチャー三部作を通しで見る事です。
オッオッ面白え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!



でもそれだけだとあまりにも乾いているので、いっちょここで今年の振り返りでもします。
ベスト10ッス。
あれ?こうゆうのは、去年ので最後だって言ってなかったかって?さ、さあ〜〜〜?



※基本的に今年自分が鑑賞したものを選出しているので、今年発表された作品とは限りません

※ランキング形式ですが、序列は順位不同です。




続きを読む >>

スーパー神ング

今さらながら、5月付近から最近の事をつらつらと書いていきますよ〜。



・最近、ハマッてるサイト 


グーペのキャクターブログ  「とんかつ教室」

http://blog.goope.jp/



販促PR用のブログなのに、ほとんど宣伝らしい宣伝は行わず、キャラクターの豚のおっさんが訪問者の人生相談に乗りつつ、小学校4年生への業の深い愛を吐露するという・・・意味の分からんブログ。。。

ファミ通やテレビブロスの白黒ページに載ってそうな、ナンセンスなギャグページではあるんだけど、毎回毎回、回答が絶妙!!

例えば、SNSで彼氏をゲットするにはどうすればいいですか?という質問に関しては、『かなまら祭りやね!』と、奇を衒っている様で妙に実践的なアドバイスをくれたり、はたまた、不倫や浮気に対しては毅然と『最低な行為』と諭したり、やる気のない回答を見せたかと思えば、ゲームの攻略法や就職面接のコツに関しては懇切丁寧に教えてくれたり・・・

なんなんだ、このおっさんはあああああ〜〜〜〜!!
キャラの暴走をここまで容認している、このグーペというサービスもやる気がないんだか、懐が深いんだか・・・



このページの作者と思われる方は、過去にこんなすごいブログも残しております。


メシを残す事で有名な西田

http://nokosu.omocoro.jp/


同僚の残飯に毎日イチャモンをつけるブログ・・・!!このトンでる発想力と、何の役にも立たないくだらなさ、只者ではない!!



この死ぬほどくだらないネット記事群を執筆しているのは シモダテツヤ氏。
ネット界の風雲児と呼ばれ、上で紹介した記事の母体となっているウェブマガジンオモコロは、この様な超くだらない記事が毎日の様に更新され続けているのだッ!

ここ10年で台頭してきたウェブマガジンというメディアは、旧来の雑誌に代わって情報の発信基地となっているものが主である。しかし、雑誌の中でも一方で陽の当らない陰の部分・・・白黒ページに載ってるくだらないコラム部分やお笑い記事。そっち方面に特化したメディアも出現してきている。
有名どころだと、デイリーポータルZみたいな、ライフハックや検証記事なんかも織り交ぜたお笑い系記事が中心だ。
いい意味で素人にしか出来ない事、素人がやるからこそ楽しい事、がウリなんだと思う。

オモコロはその中でもトップレベルで歪なメディアで、犯罪スレスレの体当たり系の記事(オッサンがコスプレしたり、裸になるのが多い)がメイン。と、思いきや、地獄のミサワの様なマンガ家も輩出している辺り侮れないが、地獄のミサワ自体、特殊な才能だしなあ〜・・・

そんな魑魅魍魎が跋扈するオモコロ内で一番狂っているのが、オモコロ編集長のシモダテツヤ氏である(今は編集長を退いて、オモコロ母体会社バーグハンバーグバーグの社長)
氏の作品がどれほど狂っているのかは、彼の作品群を見ると一目瞭然だ。

http://boss-blog.bhb.co.jp/

http://comic.omocoro.jp/?cid=1


頭のネジが確実に足りてないトンチキぶりだが、同時に妙な愛嬌がある・・・この狂っているのにポップ!という作風はかつての赤塚不二男を思い起こさせる(後、絶対うすた京介の影響もあるだろう)。キャラクターも可愛いのにどこか歪で、部分欠損を思わせる。
シモダ氏は良くインタビューなどで、「ギリギリセーフを狙っている」と発言しているが、時には基地の外にまろび出ちゃってる危ない感じは、確かに「ギリギリセーフ」なスリリング感。しかし、それこそが魅力的だ。

そんなシモダ氏が立ち上げたメディアがオモコロであり、彼がオモコロを象徴する人物なのは間違いない。オモコロの作風はギリギリでありながら、ウェットな感じはなく(例外もあるが)ポップで楽しい。

それでいて、ネットのオモロイ所、旨みの部分をちゃっかり握り、それを商売に変えているのはさすが、としか言い様がない。オモコロのノリをそのままに、会社の販促ページや商品をプロデュースしてたりするのだ!!
あからさまに、販促や宣伝を逆手に取ってふざけてるだけなんだけど・・・
この人たちはネットというメディアの利点と、ネットでは出来ない事を熟知しているのだ。
この姿勢からは新世代の創作の形が見えて来る。音楽でもなく、映像でもなく、文章でもない。「ネット」としか言い様のない、この感じ。上手く言えないが、とにかく新しいのだ。


いずれにせよ、しばらくこのシモダ氏とオモコロ、目が離せそうにない。
皆様も、暇つぶしにいかが?時間を無駄にして後悔する事請け合い!!




続きを読む >>

ササササイキック!!

なんとなく、最近は月イチで更新ペース。月末になると、『あ、書かな!』と、締め切りがあるわけでもないのに慌てるのは何故なのだろうか。最近、本当に暇すぎて暇に押し潰されそうです。

来月の4月16日(火)に、また、つまらない映画を見る会やります。暇に押し潰されて、死ぬ前に!!近くなったらまた宣伝します。



・来月の初め頃に、四国に旅行いきます。調子に乗って1週間くらい行くことになってしまったので、誰か四国とか、その付近で面白そうなとこ紹介してください。
今んとこ決まってるのは、直島ってゆう島全部がアート観光に特化したオっサレーなとこに行きます。
弟と二人で行くのですが、弟が予約した宿が、超ファンシーでカワユくて、女性客を見込みまくってるとこでした。ムサイ男二人(しかも兄弟)で泊まるのは猛烈に恥ずかしいです。もう死にたいです。女の子と泊まりたかった・・・・・・・・・!!!!!!
あと、新卒で働いた会社でお世話になった会社の製鉄所も直島にあるので、そこもちょっと覗いて来ます。(見学ツアーで)




・旅行に行く関係か、音楽でなにを持っていこうか、思案中。
最近、音楽からなんだか遠ざかっていたんだけど、またちょっと熱が戻ってきた。


マイブラの新作とか、





FUNKOTとか(インドネシア産の高速回転アゲアゲダンスチューン!)




などなど聴いてますが、一番カッコよかったのが、

泉まくら!!




こんな女性ラッパーを待っていた!!
続きを読む >>

苦しみを擦り付け合うぼくら  2012

皆様、新年明けましておめでとうございます!!

さ、アレやります。いつも年末にやってるアレ。年末だらけ過ぎてしまって、結局更新が年明けになってしまったアレ!!!!!!!!!

今年(というか去年)のサブカル総括!!


ベストテン形式で今年味わったカルチャー!!をまとめました。
みなさん、試しにやってみるといいんじゃないすか。
今年の自分がみるみる分かるよー。落ち込むけど楽しいよー。


去年の→http://sumou-zanmai.jugem.jp/?eid=153#sequel

一昨年の→http://sumou-zanmai.jugem.jp/?eid=110





※上の画像は特に関係ありませんが、鬼束ちひろです。景気付けです。
※基本的に今年自分が鑑賞したものを選出しているので、今年発表された作品とは限りません
※映画、マンガ、音楽以外のジャンルはその他の項目に入れてあります
※ランキング形式ですが、序列は順位不同です。


続きを読む >>

終わりまで泣くんじゃない

 「 鬱 」の公演が終わって、早1ヶ月近く・・・

稽古場でのたうち回る夢を見るわ、体のどこか特定の箇所が必ず痛くなるわ、四六時中虚脱感に襲われてるわ(あ、これは前からか)、公演中に負ったダメージ、まだ引きずっております。が、僕はそれなりにやっております。

ここしばらくは、ほぼ一人で自宅に引きこもり、ひねもすマンガを読んだりゲームしたり、気が向いたら映画や展示を見に行ったり・・・
元のボンクラでヘラヘラした自分に戻る為に、全力でリハビリをしております。
そのリハビリの一環として、またぞろ雑記を書いていきます。ま、いつもの事だけど、長くなるよ。もう書く前から分かってんだ。
興味のあるとこ以外、読み飛ばし推奨。



・公演が終わった直後、駆け込みで特撮博物館行ってきた

http://www.ntv.co.jp/tokusatsu/

会期が終わりそうだったので。

実はあまり、特撮詳しくないんっすよ。10代の頃はもっぱらアニメと映画ばかり見ていたので、そんなに思い入れある作品がない。平成ライダーも大人になってからハマったし。
だから、実はあまり期待しないで行った。「ま、こんなもんか。」と言うつもりで見に行ったのだ。

しかし、会場に入って5秒でノックアウトされたね。
美術が!ミニチュアが!着ぐるみが!オリジナル映画の巨神兵が!!
圧倒的なクオリティーで眼前に畳みかけて来る・・・!!
これはヤバい。

そういや俺、子供の頃はウルトラマンすっげー好きだったんだ。忘れてた。
ウルトラ怪獣図鑑、擦り切れに擦り切れまくって、本が真っ二つに割れるまで読んでいたんじゃないか!!他の役者の名前は完全に忘れてても、どくまむしさんだゆう、とゆう名前は、いつまでもいつまでも僕の心に残り続けたじゃないか!ごめん、ごめんよ!幼少期の俺!!
そんな眠っていた童心が無理やり叩き起されて、ハアハア人知れず興奮していた。
昔は子供らしく、怪獣怪獣!と騒ぐしかなかったが、今は地球防衛隊の戦闘機のフォルムに萌える・・・大人ってこういう事か!!

存外に楽しめたけど、それを共有する連れがいなかったのが何とも淋しかった・・・誰か誘えば良かった。一人で記念撮影とか、出来ねえよ。。。

ちなみに、同時開催されていた日本のファッション展も意外に楽しかった。女性のドレスは奇抜になればなる程、いまいくよ・くるよ師匠みたいな様相になっていくなあ〜と思った。

しかし、一つ気になる事が。特撮展は老若男女様々な人々が押し寄せていたのに対して、日本のファッション展を見ている人間は、ほぼファッションピープルしかいなかったのだ。
この差は一体なんだ・・・?でも、本来ならば特撮展にもオタクしか見に行かないはずなのだ。そんぐらいマニアックで限定的な催しなのだ。
日本人の精神レベルにこうゆうのが浸透してるって事なのかしらん。

40代50代くらいの方々に、オタク文化に対するリテラシーがどれくらいあるのか良く分からん。
ウチの両親はオタク的な趣味に眉をひそめる、典型的な『大人は分かってくれない』タイプの人間なので、参考にならん。
40代50代の方で、誰か分かる方いませんか?

続きを読む >>

せめて、人間らしく

どうでもいい書きものの集合体、それが、雑記。



・報告が遅れまくってすみませんでしたが、日記で告知していた催し、【らっかばこ朗読会】と、【つまらない映画を見る会】、どちらも無事に終了致しました。


朗読会は、日蝕の中一人ぼっちで、埼玉の何もない野原で以前やった舞台「らっかばこ」を抜粋朗読しました。賛同してくれた何人かの友人の方々、ありがとうございましたー!

日蝕ってアレだね。ロマンスとかじゃなく、異常気象で凶兆なんだなーっという事実がよーく分かった。自然の中にいる事によって。
日が欠けるにつれ、どんどん寒くなるし、小鳥がパニクッて騒がしくなるし、半端じゃないくらいに薄暗くなるしで、ちょいと心が不安になりました。

朗読した音素材は北さんに渡したので、加工して素敵な音源にしてくれるでしょう。フフフ。僕は自分の声好きじゃないから、ちょっと怖いけど・・・




・上映会は、驚くほどの大盛況でした。つってもちょこれーとちわわは10人入っただけでパンパンになっちゃうんだけどね笑。
個人的には初めて会った人や、しばらく会ってなかった人が駆けつけてくれたりして、新鮮で面白かったす。

トップバッターは、不肖わたくしが。
伝説のオシャクソ下ネタ映画「エンター・ザ・ボイド」を紹介!!
ポケモンショック!!ライクなチカチカ画面で彩られた下世話なおセックス夜話!!意外に好評でした!!

2番手は大本命のすまきゅー こと 恋人スジャータさん!!
「25分で時は迫る!!」という超奇っ怪なミュージックビデオ!!
早くも「つまんない映画をみる」というイベントの趣旨を完全に破壊するかの様な、超オモシロビデオを放出!!冗談じゃなく、腹筋崩壊した!!

3番手は中途半端女装中年、東京ディスティニーランド!!
80年代邦画の怪作「金田一耕介の冒険」と「青春かけ落ち編」をプレゼン!!
4人のプレゼンターの中で一番、プレゼンが上手い!!見せたい所だけを直接見せて、一気にウケを取る!さすが老獪なテクをお持ちですね!!

最後は、仙台発北池袋着の隠れプレイボーイ、郷家真悠季!!
伝家の宝刀「ガンダムOO 劇場版」をオンエアー!!
長い!アツイ!クドイ!!の三拍子で賛否は別れましたが、ニッコニコの顔でガンダムを解説する郷家を見れて私はそれだけで微笑ましい気持ちになりました!!
最後まで付いてきてくれたみんな、サンキュ!!


結果的に四者四様の持ち味が別れたプレゼンになって面白かったなあ〜。
意外にもお客さんに面白がってもらえたので、これ、もっかいやりたいと思います!!来月辺りにやろっかなー。
1回目は見れなかった方々、2回目をよろしくお願いします。



・つい先日、久々にマイミクのでぃんさんと飲み明かしたのだが、その時の席で出た話題で、90年代の総括の時期が来ているのかもしれない、というワードが出て、それで盛りあがった。

僕も近頃それをひしひしと感じていて、友達と話してたりすると、やはり90年代の話になる事は多い。
加えて去年は
「その町の子供」というテレビドラマで阪神淡路大震災を、
「廻るピングドラム」というアニメで地下鉄サリン事件を、
二つの作品が、それぞれ90年代のターニングポイントとなった事件を総括している。作り手はどちらも90年代末〜2000年代にかけて活躍したクリエーターで、精神的には完全に90年代の影響力は抜きにして語れない人々だ。

90年代とは一体なんだったのか?その時期に多感な10代を過ごした自分はやはり、その事が気になってしょうがない。

ここに来て、指名手配されていたオウムの実行犯が立て続けに逮捕されているというのには、何かとてつもない符号がある気がしている。
原発再稼働の話題から反らす為に、高橋の逮捕を遅らせた、という冗談みたいな事を言ってる人もいるが、そういう瑣末な情報操作の話じゃない気がするんだよなー。もっと大きな流れがまた起きてる様な気がすんだよなー。

まとまらない曖昧な事を書いて、本項はドロンする。

知らざあ言って聞かせやSHOW

・昨日、「WALL・E」を職場で見た。てっきり、ロボット同士の交流をスラップスティックに描いたサイレント然とした映画かと思いきや、相当気合の入ったSFだったので、期待はずれやら嬉しい誤算やら。
まあ、面白いっちゃ面白いんだけど、ピクサーのこういった大人へのいやらしい目配せがやっぱり好きになれない。もっと単純な話でいいのに!

ヒロインロボット・イブの、腕がレーザーガンになる、あの形状がカッコイイ。

コレ↓






続きを読む >>

今日も私はこうしていつもつまらなそうな顔しているあいつとつまらない話をして日々を過ごしていくのだ

・最近よぅ〜、夜勤ばっかでよぅ〜、生活が不規則でよぅ〜、体調が音たてて崩れてんのよ〜。まあ、実際に音にするとガラガラ〜っていう感じかな。

頭痛くて、胃もたれで、ちょい便秘気味なんすよー。あと、なんか寒い。職場が寒い!!おちおち寝てらんない!!だから、書く!!



続きを読む >>

手に入れたいんだ、イノベーション

・炭酸ジュースが好きです!でも、自分が好きになった炭酸ジュースがすぐ生産中止になるのは何でなんですか!?かつて、自分がベスト・オブ・コーラだ!!と思って、ハマりたおしたグリーンコーラはあっという間に市場から姿を消したからな―。

だから、コーラとファンタの混成ジュース、無くなってしまう前に買い貯めしています!


続きを読む >>

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
ツイッター sumou_zanmai
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM